リコール対応ならトランスコスモス

リコール対応や製品のリコール、費用や保険、顧客情報漏洩など。緊急事態が発生した際にお客様対応窓口をスピーディに設置し、運営するサービスです。

採用支援ならトランスコスモス

採用支援:知名度アップから内定者フォローまでトータルに。新卒採用コミュニケーションを支援いたします。

免疫療法・がん治療ならミッドランドクリニック

免疫療法・がん治療なら、からだに優しい最先端の「ミッドランドクリニック」。免疫療法で患者様とともに戦います。

  

モンスターカレンダー

« 2013年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

ダイエットカロリー計算の最近のブログ記事

カロリーについて

| コメント(0) | トラックバック(0)
カロリーというのは、食べた後エネルギーに変換される食材の
熱量のことをいうんですが、カロリーの元となる三代栄養素は
糖質、脂質、たんぱく質です。

米やパンなどの炭水化物は糖質ですが、甘くないのになんで
糖質なんだ、と思うかも知れません。

実は糖分はC6H12O6という化学記号で表されるのですが、
これで1単位です。

1単位のものを単糖類といって、ブドウ糖と果糖があります。
ということは、2糖類や3糖類、少糖類もあるんです。

私達が料理や飲み物に入れる砂糖は、ショ糖で2糖類です。
他にも乳糖、麦芽糖があるんです。

この糖類、単糖→2糖類→3糖類→少糖類→多糖類の順に
甘いんですね。

つまり、果物の方が砂糖よりも甘いってことなんです。

糖類は食べた後体脂肪として蓄積されますよね。
だから、糖類を控えめにすれば、自然にダイエットになるんです。

備蓄用のエネルギー源になる前に、燃焼させてしまえば良いのです。
やっぱり運動抜きにダイエットはあり得ないわけです。

私達が食す全ての食品には、多少なりともカロリーがあります。
ただ、野菜やきのこなど、限りなく0に近い食材もあり、繊維が多いものは
満腹感が得られるうえ、ミネラルが摂取できるので、糖質や脂質の摂取を
減らし、野菜やきのこをたくさん食べれば、健康的に痩せられるんです。

あとは継続です。



ダイエットをしているとき、
カロリー計算をして、
コントロールしてくのは大変だというイメージがありませんか?

実際、ダイエットの時、
カロリー計算までしてダイエットに励んでいる人は少ないようです。

しかし、トレーナーなど専門的な人がいなくても、
自分でカロリー計算をしてコントロールしていくことは可能です。
あまり難しく考えずに、チャレンジしてみてください。
始めてみると、意外と楽しかったりしますよっ。

会社などで働いていると、
みんなで食事に行く機会が多いですし、
ダイエット中だからと言って、自分だけ食べないなんていうのはよくありません。
みんなと同じように楽しく食べて大丈夫です。

ここでコントロールをするのです。

例えば、みんなと食事に行った次の日、
前日分にオーバーしたカロリーを意識して
カロリーを抑えた食事にしたり、
脂肪を燃焼できるような食べ物でコントロールしてみましょう。

運動量をいつもよりも増やすということで、
その日はバスを使わずに歩く・・・という方法でもコントロールができますね。

ダイエットでカロリーをコントロールするには、
「感覚」が必要です。
難しく考えすぎないで上手く「感覚」を使ってコントロールしていきましょう。



ダイエットをする際、
カロリー計算までしてダイエットに励んでいると言う人は意外と少ないようです。

ですが、
ダイエットでは、摂取カロリーと消費カロリーがポイントになりますから、
まず、自分の必要摂取カロリーを計算すること、
そして、運動によって消費しなければいけないカロリーを計算することが必要です。

むやみにダイエットをするのではなく、
目標を定めて、
長続きする方法でダイエットに励み、
太りにくい体質を作っていくことがダイエットには大切なのです。

必要カロリーを計算し、
食べ物を食べるときに、そのカロリー量を把握していくことで、
自然にカロリーを意識するようになり、
「食べすぎ」を抑えることができます。
カロリー計算は最初は面倒ですが、
やってみると意外と楽しいですし、
だんだん慣れてきますので難しく考えなくても大丈夫ですよ。

ダイエット中だからといって、
全ての甘いもの、脂っこいものを我慢する必要はありません。
きちんと、一日の摂取カロリーを計算し、
消費カロリーを計算して、
調整していけば良いのです。

時々マックを食べても大丈夫ですよっ。

毎日のコーヒーを、ブラックにするだけでも
効果がでます。

意識することが大切なんですね。



ダイエット中の、
カロリー計算において、
1日の摂取カロリーの目役は一日1200カロリーだと言われています。

ダイエットをしようとおもうと、
まず思い浮かぶのが「食べない!」ということですが、
食べないということは、
ダイエットに逆効果です。

私たちが生きていく上で必要な栄養素をきちんと摂らないと、
体調を崩してしまったり、
食べたい欲求がストレスになってしまったりします。
ストレスでも太るんですよ。
これではダイエットの意味がありませんね。

ダイエットをする際には、
自分に必要なカロリーを計算し、
一日に摂取するカロリーの目標を立てること、
そして、運動によって消費するカロリーを立てることです。

目標を立て、その目標に向かって行うことで、
何事も成功への方向へ向かいます。
ダイエットも例外ではないですね。

カロリー計算まで行ってダイエットをしていると言う人は少ないかもしれません。
しかし、1日の摂取カロリーに気をつけて、
カロリーを意識しながら食べ物を口にするだけで、
ダイエット効果はUPしますよ。

一度、自分に必要な摂取カロリーを計算してみてくださいね。

サイト

| コメント(0) | トラックバック(0)


何でもインターネットで出来てしまう便利な時代。

なんと、ダイエット中のカロリー計算も、
専用のサイトで出来てしまうんです。

ダイエット専用のソフトなども販売されていますが、
毎日、パソコンを触っていると言う人は、
こういったサイトを活用するほうが便利かもしれません。

このようなサイトは、便利であることのほかに、
ダイエットに関する豆知識なども掲載されていますし、
ダイエット中の食事のレシピを参考にしたり、
ダイエット日記もプログを書くような感覚で活用できます。

ダイエットって始めてみると意外と孤独です。
こういったサイトで頑張ると、
同じように頑張っている仲間を見つけることもできますから、
孤独感を感じずに頑張れるかもしれませんね。

また、ダイエットカロリーの計算も
面倒なものだとおもってしまうかもしれませんが、
毎日の事ですから、このようなサイトで手軽にチャチャッと計算できるのも魅力です。

DSをもっていなくても、Willをもっていなくても、
パソコンさえあれば、楽しくダイエットができます。

ダイエットってストレスを感じてしまい、
ストレス太りで太った~なんていう人もいますが、
このようなサイトだったら、ストレスもたまらないとおもいますよっ。


ポイント

| コメント(0) | トラックバック(0)


ダイエットをしている時は、
摂取したカロリーに対して、どれだけカロリーを消費できるかがポイントになります。

具体的に言うと、
食事やおやつなどから摂取したカロリーから、消費したカロリーを引いてみた時、
食事やおやつで摂取したカロリーがどれだけ残ってしまっているかで、
太ってしまうか、ダイエットができるかの分かれ道になってしまうということです。

摂取したカロリーが消費しきれずにいると、
あまったカロリーが蓄積され、どんどん太ってしまうということです。

つまり、食べた分、運動をしなければいけないということですね。

だとすると、少しだけ食べて摂取カロリーを少なくすればよい!
と考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、私たち人間には、毎日の必要な栄養素があります。
必要な栄養素はきちんと摂っていかなければなりませんから、
「食べない」という食事制限でダイエットをするのは危険です。

おいしいものを食べることで、ストレスも解消できますよね。

ストレスがたまってしまっても太ります。

やはり、
必要な分の栄養素はしっかりととり、
運動をして脂肪分を燃焼させるというダイエットが理想です。



ダイエットでは、
摂取したカロリーよりも
自然に消費されるカロリーと運動したときの消費カロリーが多くならないと
余ったカロリーが蓄積され、太ってしまいます。

摂取したカロリーを計算し、
運動して消費できるカロリーを把握することこそ
ダイエットには必要なことなのです。

スポーツジムなどに通うと、
一日の運動によって消費するべきカロリーが消費することができます。
ですが、
スポーツジムに通わなくても、
毎日、ジョギングやウォーキングをすることでカロリーは消費できますし、
通勤の際、いつもより歩く距離を増やしたり、
仕事の途中でストレッチをしたり、階段を登ったりするだけでも
思いのほかカロリーは消費できるのです。

ダイエット中は、カロリーを消費することを意識して、
いつもよりも体を動かすように努力してみましょう。

ダイエットのためのサプリメントやDVDなどが販売されていますが、
努力次第では、
日常生活の中で無理の無い運動をとりいれていくことだけで
ダイエットはできるのです。

毎日の摂取カロリーを意識し、
運動を取り入れた生活で、
ダイエットを成功させましょう。
運動も慣れてきたら、少しずつ増やしていくと良いですね。



ダイエット中のカロリー計算は、目安とするものを覚えておくことが大切です。

私たち人間が一日に必要なカロリーは、最低のラインで1200カロリーほどです。

身体の大きさ、年齢、仕事の内容などによって必要なカロリーは異なってきますから、
まず自分の摂取カロリーを計算し、出た数値を目安として毎日の食事を気をつけていきましょう。

ダイエット中の摂取カロリー目安の計算方法は、
インターネットなどで調べることが出来ますが、
例えば、こんな計算方法があります。

自分が目標とする体重を決めます。
そしえ、その体重に30を掛けます。

例えば、目標体重が60キロの人は、
60キロ×30=1800カロリー。

この1800カロリーが、計算上の理想のカロリーです。
この1800カロリーを目安として食事を摂った場合、
1800カロリー以上を消費できるような運動をすることで
蓄積されるカロリーがなくなり、太らなくなります。

つまり、摂取したカロリーの分は消費すること!
で、ダイエットは成功します。

食べ物のカロリー計算は、
最近はゲーム機ソフトや、分かりやすい書籍なども販売されています。
そういったものを活用すると簡単にできますね。



ダイエット中のカロリー計算の仕方は簡単です。
それほど難しくありませんから、
ダイエットをしている人は、カロリー計算をしてみましょう。

携帯用のゲーム機でもダイエットのソフトが販売されていますし、
ノートに書き込んでいくだけでもダイエットカロリー計算ができます。

1週間もカロリー計算を意識した生活をしていると、
意外と早くカロリー計算方法は身に付きます。

ダイエットを成功させるには、まず、カロリーを「意識する」ことです。

人がなぜ太ってしまうのかというと、
摂取したカロリーよりも、消費するカロリーが少ないからです。
消費されなかったカロリーは皮下脂肪として、内臓脂肪としてどんどん蓄積され、
太る要因になってしまいます。

好きなものを好きなだけ食べ、運動をしない・・・と言う人は、
太ってしまって当然です。

好きなものを、消費できるだけのカロリー量を食べるようにし、
運動をしていけば
かならず痩せることができますね。

運動をして筋肉をつけることで、
体力もつきますし、新陳代謝も良くなりダイエット効果がUPしますよ。

ダイエット中は、カロリー量を意識した食生活をしてみましょう。



ダイエット中は、カロリー計算を適切にすることがとても大きなポイントです。

ダイエットのために運動をしていても、
食事でカロリーの高いものを食べていては意味がありません。

最近では、ファーストフード店やファミリーレストランなどでも
カロリーを表示してくれていますね。
できるだけ、カロリーの低いものを選んで食べるようにしたいですね。

もともと、太ってしまったと言う原因は、
多くが食事にあると思います。
脂っこい料理が好きな人、
スナック菓子が好きな人は知らず知らずのうちに体重がふえてしまいますよ。
確かに脂っこいものが美味しいですが、
量を減らして、野菜で満腹感を得るようにすると良いですね。

カロリー計算をして、毎日の食事における摂取カロリーを意識するだけで、
ダイエットは成功の方向に向かいます。

一日に摂取した明確なカロリー計算が出来なくても、
食事の前に、この料理のカロリーはどのくらいかなっ?
と毎回意識するだけで全然変わってくると思います。
今まで気軽に食べていた料理、お菓子が、
実はとても高カロリーであったことを知ると、
びっくりすると思いますよ。