新築一戸建て・工務店(岐阜県)なら三正建築

新築一戸建て,工務店(岐阜県)なら「三正建築」。一生に一度の大切な買い物は安心の新築一戸建て,工務店(岐阜県)の「三正建築」へ!

大阪の中古マンションリフォームは笠原建築工房

大阪のマンションリフォームの「笠原建築工房」は”すべて意のままに”をかなえるの会社。新築マンションに勝る中古リフォームならスケルトンで!

船橋市・習志野市の一戸建て,新築の「ゆーあいほーむ」

船橋市・習志野市の一戸建て,新築なら サン・コーポレーションの「ゆーあいほーむ」。一生に一度の大切な買い物は船橋市・習志野市の一戸建て,新築で有名な 「ゆーあいホーム」に!

  

モンスターカレンダー

« 2012年1月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2012年1月アーカイブ

親の死

| コメント(0) | トラックバック(0)
3時間前に、父が亡くなりました。

みんなで最後のお別れをすると、葬儀屋さんが真夜中にも
関わらず来てくれて、遺体を引き取ってくださいました。

その後家に戻ってきたのですが、親の死はなかなか実感
できないでいます。

顔にかけられた布を取って顔を見ると、穏やかな顔をして
いました。

ずっと苦しがっていたので、これで楽になったと本人もホッと
しているのでしょうね。

父は子供のころからカトリックの信者なので、お葬式は
教会で行います。

父の兄、つまり私の伯父が亡くなったのも10年程前の
2月で、雪の日でした。

兄弟そろって雪の日に逝くなんて、らしいね、と家族が
笑っていました。

その伯父のお葬式もキリスト教式でした。

モーツァルトのアヴェ・ヴェルム・コルブスが流れると
父は涙をボロボロと流していたのを思い出しました。

今頃は伯父さんや祖父母とも再会していることでしょう。
戦争を生き抜いた父の人生は、決して平坦ではなく、
幸せだった?と、父にそっと聞いてみました。

答えはないけれど。


最近のブログ記事

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.23-ja